トマトな話(いじけバジル?)

イメージ 1

 梅雨が明けて以来、最高36℃前後、最低25℃前後(ほぼ25℃以上)というのが不動の気温変化になっています。それでも2日ほど前から、夜が更けると少しだけ虫の声が聞こえるようになりました。こんな高温続きの毎日でも、自然はちゃんと秋の準備をしてるんですね(ちょっと遠い目…)。

 さて、うちのミニトマト君たち、だいぶそれらしくなってきました…^^v。園芸土の方のですけどね。「アンデス仕様」の方はまだこれほどではありません。ですから、それぞれを食べ比べられるのは、アンデス仕様の方のがもっと成長してからになりますね…。

 ちょっと予想外の出来事。コンパニオンプランツのバジルの成長が遅いんです。肝心のトマトを引かせるくらい「暴れ成長」しないようにと、素焼きの植木鉢に植えてからプランターの中にすえるというやリ方をしたんですけど、まさか狭いところに植えられていじけてるわけでもないですよね…^^;。

 ミニトマトの実は大きくなりかけてるのに、成長が遅れたバジルが、はたしてコンパニオンプランツの役割を果たしてくれるだろうか…ってことで、ほかのプランターに植えていて成長のいいバジルと、ひと株ずつ交換してやりました(2株ずつ植えていますから)。さて、どうなりますやら…。