月読(つきよみ)

イメージ 1

                        『月読』

                  あなたの腕を借りて
                  眠りにおちるまで
                
                  ぽつぽつと 交わす言の葉
                  甘えあえる あたたかさ
                  そして 肌のぬくもり

                  どれもこれもが いとおしすぎて                           

                  ”ねぇ 明日になったら わたし
                   どれくらい 覚えていると思う?”

                  意地悪を言ってみた
                  あなたを 
                  こまらせたくて