双信譜

イメージ 1

                      『双信譜』

                 その人は痛みに耐えました
                 そして前に進みました

                 ふたたび立ちあがれないかも…
                 そんな傷を負っても


                 その人は弱みを見せませんでした
                 そして 立って見せました

                 心の外の大風や
                 一人の孤独が その胸を叩いても
                  
                    

                 この頃思うのは
                 自分は何を信じているのだろうということ
                 そして 何をしたいのかということ

                 それがわかれば 迷うことはない
                 土砂降りの雨の中にいても


                 
                 その人は きっと戻るでしょう
                 その人を信じる 心の元に
                 
                 ありのままの 姿で