青い夢

イメージ 1

 
                         『青い夢』

                    満月近い 青い光の中で
                    ”僕は待った”とそのひとは言った

                    ”僕は待ったよ
                     十分に待った
                     今度は 君が 歩みだす番”
                    ゆり椅子を動かす そのひとは続けた
              
                    不意に 振り向く横顔
                    時を違えた春の風が
                    頬をすり抜け
                    強い目に 触れた気がした

                    青い光の中でー