P.S.アイラヴユー

イメージ 1

 
 台所の改造でしばらく動けずにいて、この秋見たいな~と思いながらまだ見られずにいる2本の映画があります。1本は「容疑者Xの献身」。そしてもう1本は、「P.S.アイラヴユー」。やっと片付くので、そろそろ見にいこうと思っているのですが…。

 その2本目の映画「P.S.アイラヴユー」のテレビCMで流れていた、徳永英明さんの日本版主題歌は、最近耳にすることの少ないゆったりした3拍子のメロディでした。ちゃんと聞いてみようと、VODをネットで検索。気持ちのいいやさしい歌でした。ただ、ふっとある歌詞が引っかかったんですね。


        いつかは消えていくなら
        何を残せるだろう
        星の光が時を越えて
        届き続けるように

        あなたのために生きよう
        悲しみさえ 愛そう
        かけがえのない この人のために
        僕は愛になろう

        あなたのそばにいれたら
        なにも望むものはない
        失えない この愛のために
        あなたの 前に立とう  

   (詞:山田ひろし「小さな祈り~P,S.アイラヴユー」より)

 
 この前の徳永さんの「愛が哀しいから」の歌詞でも「おおっ!」とは思ったのだけれど、この作詞の山田さん、まっすぐに愛の詞を書く人のよう。それも、歌詞とは言えど、てらいなくどストレートです。引っかかったのは、そのなかの「あなたの前に立とう」という歌詞。

 失えない愛のために、この彼は、「あなた」と向かい合ってすべてを包み込もうとしているのか、それとも、「あなた」に背を向けて、彼女を守る盾となろうとしてるのか…。

 ふっとそんなことを思ったんです。私は、後のほうかなと感じたのだけれど、歌詞の受け止め方は人それぞれ。あなたはどちらだと思いますか?