かけだせば夏

イメージ 1

                       『かけだせば夏』

                   山へ行っているはずのひとが
                   突然あいにくるという
                   ”山間の茂みの中
                    たった一輪
                    姫百合を見つけたんだ”
                   そしたら たまらなくあいたくなったと
                   受話器の向こうのひとはいった 
                       
                   いつもの足取りで
                   きっとあなたは歩くから
                   ぼやぼやしてたら この家の前
                   どんどん過ぎていきそうで


                    急がなくては
                    急がなくては 
                    せめて 心だけは
                    置いてきぼりを くわないように


                   さえぎる遮断機 行き交う車両
                   はずむ息の向こう側
                   大きく手を振る わたしの姫百合をみつけた