わくわくしたい!

イメージ 1

イメージ 2

 このところ、こちらでは最高気温が35℃前後と、ヘビーな日が続いています。これから、2週間ほどはこんな天気が続くと天気予報で伝えていたのは、週の初め…。当分これが続くのかと思うとうんざりします…--;。これでは、昔風に言うなら、筆を持つ手も止まりますがな…。いや。少しは冷えた部屋にいてもね…(おいおい。それはふつ~にサボってるというのだ…と自ら突っ込む)。


 そんな風に思って思い出したのは、ある本で見た、「今の自分は、過去の思考の結果だ」という言葉です。今がとても満ち足りていて豊かな状態なら、これまでの(過去の)自分がそういう心持でいたからだ。逆に、やたらネガティブな想いにとらわれるような生活をしているとしたら、そういう思考で頭を満たしてきたからだ…。そんなようなことが書いてあったんでしたっけ。

 ということは、これからをよくしたいなら、今の思考を楽しくわくわくした状態にしておいたら、そう感じられるような近未来が来る…ということになるわけですが、人間、そう思えるときばかりじゃありませんがな…。

 それを方向転換するには、自然に触れたり、楽しい思い出を思い出したり、好きな音楽を聴いたりするのが役立つ…というようなことも書かれていましたが、ふっと思ったのは、無条件に楽しくわくわくできることが、今の私にどれだけあるかしら…ってことです。それなりに、「その時は」って条件下なら、いくつかある気もしますけどね…。

 子供の頃は、たんとそういうのがあった。単純に幸せになれたのにな~と思っていても始まらない。「その時」は、でもいいんだ。「その時」は、を、いくつも続けていったら、ず~っとになるんじゃないかい? ン?どう…。これは、私が時々引っ張り出してくる、「太郎を呼べば、太郎が来る」と一緒なのかもしれないですね。

 だけど…。

 この間、出雲大社で引いたおみくじ。おみくじには1年のアドバイスが書かれているんだから、神社の木に結び付けておくんじゃなく、持ち帰ったほうがいいという話で、家にもって帰ったのですね。出雲大社では、「大吉」とか「凶」とかいうのは書かれてはいません。おみくじの番号と、こんな風に過ごしなさいよ~っていうと、項目別のアドバイスが書かれているのですが、家でそれをじっくり眺めたら、その内容が(もちろん書き方とかは違うのですが)、年の初めに地元の神社で引いたおみくじとまったく同じだったんです…@@;。

 良いことがあっても調子に乗らず、心静かに精進すれば、大きな慶事に恵まれる…。調子に乗るなって~~。乗らなきゃ、いい未来が来ないって言うし~。どうすればいいの~~。


 (画像は、この間電気屋さんで見つけた2枚用のケースに収めるために、新しくケースのラベルを作りなおした冬ソナの完全版のDVD。これもわくわくのひとつです^^v。)