hikariもおだてりゃ脚立に上がる(^^;)

イメージ 1

 いや。べつに誰もおだててくれたわけじゃないんですが、業者さんが父の部屋の天井を張り替えてくださっているのを見ていて、ふっと思ったんです。「私でも出来るかも…」って…。ちょうど気分転換したかったということもあって、ホームセンターに駆け込んだら、素人向けなのか、30センチくらい角のシートにわかれたタイプの天井貼用のシートがありました。で、すぐそれを買い込んで帰宅。

早速自分の部屋(それだったら、かっこ悪くても我慢できるでしょ…^^;)の天井を張り出したのですが、貼りかけてみて気がついたんです。私は、筋金入りの高所恐怖症だった…(おいおい。ここで気がつくかい…^^;)。

思い起こせば、幼稚園の頃。一番近いので5歳年上の従兄姉達と母の実家のある所の山で、雪遊びをしていたときのこと。話したことがあるかもしれませんが、スキーをする従兄姉達の横で、ソリで滑り降りては、上るを繰り返していた私に、誰かがスキーを教えてやろうと言い出したのが始まりでした。

無理からに板に載せられ、案外あっさりと滑り出せたはいいけど、案の定というか最後は止まれず、6メートルくらいのがけに足が落ちた形で止まって助かり、それ以来高いところが、からきしだめというヤツなのです。

でも、とにかく買ってしまったのだから…と、ブルブルしながら貼り出したのですが、時間がかかるかかる…。ところが、やりだしたら案外これがおもしろい…。ただ、天気のせいで部屋を換気してなかった為に、頭が痛くなったり、汗を拭いたりしたときにのりの一部でもついたりしたのか、目が充血したり…と、トラブル続きではあったんですけどね…。

休み休み貼り続けながら、やっぱりプロはさすがだとしみじみ思いました。正確にそれも美しく、広い範囲を貼り付けるというのは、やはり技術と経験が必要なんですよね~。だんだんつじつまがあわなくなってくるんだもの~ーー;。

それでも、何とかごまかしごまかしして、部屋に流れる『千年恋歌』に合わせて鼻歌など歌いながら、最後の一枚を貼り終えて完成~! いや。何とかなってるじゃないの~。
自らパチパチしていて、気がついたんです。恐くない! そう。脚立の上でも恐くないんです! 片足でも立てちゃう~!

慣れって、すごいですね~。もし同じ悩みのある方、一度挑戦してみては…? って、したくないか~^^;。