お掃除日和

イメージ 1

 昨夜、階段の明かり用の電灯が切れました。そのあと、私の部屋の明かりの様子もおかしくなりました。こんなちっちゃいのだけのことでこんなこというのはどうかと思うけど、だいたい電化製品って、わりと連れ立っておかしくなりません?

 まっ、それはそれとして、「とにかく換えなきゃ」と、かなりの高所恐怖症の私はびくびくしながら脚立に立ち、新しい物と交換することにしました。

 気がついたのは、去年の年末い~加減にしていた大掃除のせいで残っていた、電灯の器具の上のほこりです。それならついでにと、久々のいいお天気のもと、全部を外してほこりを払います。払われて落ちた細かいほこりが、わずかばかりあった風にあおられて、ふわふわと飛んでいくのを、少し見送って、またびくびくの脚立へと上がります。んで、セットOK!

 いや。こんなにも変わるかと思える明かりの下で、今キーボードを叩いています。不思議。部屋全体どころか、気持ちまで明るくなるものなんですね~って、どんだけほこりがあったんだ…^^;。