新月

イメージ 1

                     『新月』

                とりとめない話 しながら
                手でふいた ガラス窓のむこう
                星達を ながめながら
                やっと 言い出す覚悟ができた
                ずっと ずっと 考えてたこと

                 ずいぶんまえに 
                 あなた 聞いたよね
                 みんなに背を向けられても
                 二人でいられるかって…
                
                 その質問 今も有効?

                ”だったら?”
                携帯の向こうで 低い声が聞いた

 
                そうなったら 
                そうなったで しかたない
                ねぇ
                こんなんで 答えになるかな…
 
 
                その人が笑った
                ちいさく 笑った