おやすみなさい

イメージ 1

                 『おやすみなさい』

              ”ねぇ
              眠れなくて
              闇を見つめ続ける 恐さって知ってる?
              眠っても すく目が覚めて
              途方にくれたことは?”

              暗闇の中で聞く その声は
              いつもよりずっと 憂いを秘めて
              そのくせ なぜか自慢げで

              私は ゆっくり体を向けて
              その体を そっと包んだ

              ”じゃあ 知ってる?
              眠るだけ眠ったあとの 気持ちよさ…”

              くすくすと笑った
              抱き合って 笑った