夏の海&人の波&新月の願い

イメージ 1

この夏、日中に山陰海岸沿いを通る国道9号線辺りを通った方なら、「?」と思ったのではないでしょうか。とにかく、海水浴客&サーファーが少ない。なぜ~?と。

 海水浴シーズンの週末など、道路を横断する人や、駐車場に車を止める人達のために、かなりの渋滞を覚悟しなければならないあたりでも、スイスイと通れてしまう。例年以上にその辺りを通るたびに、例年の半分以下だな~と眺めていました。

 朝晩秋を感じる風が吹き出してから、その理由が分かってきたんですね。ひとつの理由だけで、そうなったのではないらしいんです。

 この辺りでは、今年の7月はずっと雨続きで、海水浴なんて風ではなく、8月に入ってからは一転、35℃を越えることも珍しくなくて、「海水浴には暑すぎた」という理由を挙げたのは海の家のおじさんです。週末足繁く通ってきていた京阪神のサーファーの子によると、「今年は、とにかく風がなかった」。確かにそれじゃ、ただの浮き板遊びです。そして、もうひとつは…。

 この辺りへの海水浴&温泉のパックを希望する人に、旅行代理店が、「海にサメが出るかもしれない。それでもいいですか?」と、念を押していたというんです。人に被害を与えることはないといわれているサメが発見されたのは、おととしだったでしょうか。今年はその話は聞かないのですが、その頃からそういう念を押すようになったのでしょうか。
 だから、「それでもいいと言って来たけど、正直恐かった。でも、来てみたらそんな心配もなく、空いた海を楽しむことができてすごくラッキーだった」と話しておられた観光客の方もありました。

 どれがいちばんなのか分からないけれど、いくつもの理由が合わさって、出来事って起こるんですね。

 そういえば、ちょっと恐い話ですが、たとえば利害関係を同じくする人達が、誰かのことを陥れようとすれば、簡単なことなんですよね。テレビを見ていても、「その話、そこまで引っ張ることか~?」ってことについて、同じ内容であっちこっちでやってたり、物事を茶化して論点をすり替えようとしてたりすることって、案外ありません? だから、「もしかして、先入観を植え付けようとしてるんじゃない?」って、思ってしまったりするんです。

 その対象とされる人が、たとえ好きでなくても、そういうのを見ると結構燃えるんです。「何が目的だ~!」ってね(爆)。でも、そういうことさえも乗り越えていける人が、「神様に愛された人」ってことなのかもしれませんけどね~。

(追記)
ところで、今日11日の夜9時44分は新月に当たるらしいです。これから明朝5時43分が、願いを書くのにいちばんいい時間らしいですよ^^(次は、12日の午後9時43分がいいとか…)。


 …で、何でこの画像かって? だって、海の画像前につかっちゃったんだもの…(おいおい…^^;)。負けてるな~、文章…(T.T)。