ボールがひとつ

イメージ 1

                    『ボールがひとつ』

                 山の端の
                 小さな神社の 石段に
                 忘れられた ボールがひとつ

                 ほうき片手の おじさんは
                 そこだけ残して 掃除して

                 毎日お参り おばさんは
                 手に取り ながめて
                 また置いて

                 石段の 端っこ通る女の子
                 そこだけ 飛ばして進みます


                 忘れられたは 淋しいが
                 何故だか そこだけ暖かい

                 ミンミン蝉が鳴く中に
                 夏が忘れた ボールがひとつ