イメージ 1

                    『冬』
                    
                  ぬくもりがほしい
                  ぬくもりが ほしい…
                  カップ一杯分で いいから

                  ベッドに ころがって   
                  果てなく この手 のばしても
                  口づけるのは 空(くう)ばかり

                  死ぬほど 涙 ながせたら
                  まだ しあわせなのに
                  泣きかたさえもが もう わからない

                  ぬくもりが…ほしい…
                       
                   何にも みえない
                   凍えそうだよ
                   たすけてよ  
                   たすけてったら!

                  闇のなかで よぶ  
                  よんでは いけない なまえを
                  よべるはずのない なまえをー