イメージ 1

                       『闇』
                          
                   草のにおいがした
                   小川の流れ
                   遠い山のシルエット
                   夕方の雨が からかうように
                   木立から降りてくる夜
 
                   きえてはともる小さな光に
                   ため息をついた


                   ‘逃げないで’って いつか言ったよね
                    あのときは 答えられなかったけど
                    今なら 言えるよ 
                    けして逃げない と


                   闇のなか
                     ‘必ず‘と その人は言った
                   ‘必ずね’と わたしは 応えた

                   たしかなものは
                   この手のぬくもりだけ
                   でも 歩いていける
                   迷わずに
         
                   夜の風が 吹いた
                   草のにおいがした