東京Ⅰ

イメージ 1

                      『東京Ⅰ』
         
                   川に沿うように 歩いてたひとが
                   不意に 未来を 口にした
                   一度は 捨ててきたはずの 東京
                   その街に 
                   あなたは また もどるという


                   もう 逃げたくはない
                   東京でなきや だめだ
                   それで 息たえるなら それでいい
                   やっぱり 東京なんだと

                   君にも わかる ときが来る
                   必ず 来ると
  
                   暑い日だった 
                   とてもー