風をまつひと

イメージ 1

                『風をまつひと』
          
               心が 泣いてるときほど
               青空が しみるね
               心が しんかんするほど  
               夕映えが いとおしい

  
                傷つきたく なかったから
                ひとを 愛しきれずに
                不器用すぎたから
                自分で 自分を 傷つけた
   

               やっと すべて ありのままを
               うけとめられる 今だから

               息を ひそめ
               目を とじて
               たった 一度の 風をまつひと