すべてはプラマイ0だから

f:id:hikari2038:20201201171712j:plain
tatiaoi?



今年の秋は、ちょっと植物が変でした。まるで台風のような大風もあって、我が家の裏庭の、ほとんど紅葉していたブルーベリーやどうだんつつじ、玄関先のちょっとだけ色が変わっただけのモミジはあらかた散ってしまうし、逆に、植えられている場所が悪くて、いつもはあまり色のよくないモミジが今年は妙にきれいに赤くなりつつあったり(散らなかった場所にあるモミジね)。


 植物だ毛じゃなく、いつもはこの時期、あちこちにいてぞっとさせてくれるカメムシが、異様に少ないのも、何か気持ち悪いことの一つです。ほんとに少ない(助かるけど)。カメムシが多い年は雪が多い…という定説があるけれど、昨年はカメムシは多かったのに、雪はとんと降らなかったんですよね。やっぱり変。

 そういえば、少し前の天気予報で「エルニーニョ現象が起きているから、(こちらは?)この冬は雪が多いかもしれない」なんて話をしてました。さてどうなりますやら。とにかく、そろそろそういう時のための準備もしておかないといけないかな。


 …と、やたら長い枕詞を並べたところで…(枕かい!)。まだまだあれこれの予防が必要なウイルスのことに気をとられているうちに、もう師走。今年のうちに行きたいところも、やりたいこともたくさんあったのになぁと思いつつ、年を越すのかなぁ。


 ところで、この前は神社などの、リモート参拝の話にちょこっと触れましたよね。そのことの意外な効果(?)のお話です。

 遠方でなかなか行けない方のためになのか、ういう時期だからということもあるのでしょうか。少し前から、お寺ならご本尊のいらっしゃる本堂の(?)風景、神社なら拝殿の様子を、その寺社が、24時間のライブ画像を流していらっしゃるのをYoutubeなどでと見るようになりました。それでリモート参拝ができる。生きたい人にとってはありがたい話です。

 ところが、そうでもない方もあるようで。何と、賽銭泥棒をしているところを、ライブで流されてしまったということがあったんだそうです。先々月だったかな。どういう経緯でそうしたのかは記事にはかかれていなかったけど、犯人さん二人は警察に出頭したそうです。

 もちろん、人のいない時間を狙ってだったでしょうが、その姿を、ご祭神どころか、日本中でどころか、世界中で見られてしまっていたとなれば、逃げようがないですよね。ちゃんとした防犯ビデオでなくても、こういうライブカメラも、それなりの抑止力になるかもしれないと思った出来事でした。


 思わぬことがた~くさん、起きている年の暮れ、できれば、思わぬいいことが起ころといいですね。気づいてなくても出来事は、いいことも悪いことも、どちらも同じように起こっているはずだから。だって、エネルギーはプラスマイナス0で終わるはずですから。いいことが起きていないなら、神様への「貸し」です。なるべく早く、利子をつけて返してもらいましょうね(おいおい)。





※画像は、あれこれで盛りの時期にアップできなかった、通りすがりのタチアオイ(だと思っているンだけど、違う?)。