蒸し暑いのにぞっとした話

f:id:hikari2038:20200721175740j:plain
korehahimawarikei?


 新聞やテレビのニュースの偏向性になどに騙されるもんか。それどころか、自分たちの都合で、人を操作するためにバイアスをかけて流すニュースなんて見ないよ~と思っている私だけど、いや。危ないとこでした。

 ニュースのことではなくて、騙されるってことについての話なんだけど、不意打ちって、タイミングがあってしまうと危ないものですねぇ。


 昨日、スマホにショートメッセージが入って来たんです。「荷物を持って来たが、留守だったので持って帰った。このアドレスに連絡を」というようなことが書かれていました。実は、ちょうどあるものをネットで注文していたところで、その上、それまで家にいなかったんですね。

 短い時間だったけど、暑い中帰ってきて玄関を入った時にメールが入ってきたものだから、「あっ。そうだったの? お母さん、気が付かなかったのかしら」と思いながら、思わずタップしかけたんです。でも、「まずその前に冷たい麦茶を」と家に上がり、ごくりとやって、「ん?!」。

 実は、家を出るまでにPCのネットで、「日本郵便」に預けられた荷物が配達中というのを見ていたんです。だから、そう時間がたたないうちにそれが届くだろうと思っていました。

 それゆえに、35℃&大事な場所ではしっかりマスクの、暑くて汗だらだらのぼ~っとした頭で、「そうなの?」と思ってしまった…という反面はあったんだけど、その前にと冷たい麦茶を一口飲んで正気に戻った。…というか、日本郵便からそんなメールが届いたことなど、これまで一度もない…というか、普通は不在票が入ってるはずだと気がついたんです。

 よく見ると、そのアドレスが何か変。それに、日本郵便とも書かれていない。さらに、私はその相手側に、スマホの番号を伝えていなかったんです。大体、ショートメールで、それも自分の所属を書いてこないなんてありえない。間違いない。これ詐欺だ! ひっかけメールだ!!

 とたんに背中を冷たいものが…。麦茶を飲んでいなければ、私はたぶんタッチしていた。偉そうに、それにはひっかかんないよ~っとか思っていても、こんなもんです。麦茶を飲んでいなければ、めでたく引っ掛かっていたはず。

 何ともね~。自分の危うさを思い知りました。いや。怖い。「そんな人」がいるってこと、わかってはいるけど、実際に自分に来るとは思っていなかった。やめてよ~。そんなの送ってだますと、祟っちゃうよ~(おいおい)。ちなみに、その荷物(とはいっても大きめの封筒ですが)、それからすぐ、ふつ~に届きました。